セキュリティトップ > フィッシングメール急増中!怪しいメールにご注意ください

フィッシングメール急増中!怪しいメールにご注意ください
怪しいメールが届いていませんか?

実在する企業や金融機関をかたり、フィッシングサイトへ誘導する「フィッシング詐欺」が多く発生しています。

フィッシング詐欺とは、実在する企業やサービスを装ったメールを送りつけ、登録情報の確認などの名目で、IDやパスワード、クレジットカード番号などの個人情報を窃取する悪質な詐欺です。怪しいメールを受け取ったら、メールを開かずにすぐに削除しましょう。

フィッシング報告件数グラフ
フィッシング報告件数は2018年3月に1,908件と倍増、翌月4月に1,897件、そして5月に2,701件と、段階的に増加している。
こんなメールに注意!
フィッシングメールには、「メンテナンスのため」「本人確認のため」「アカウント情報を更新するため」などの理由に、IDやパスワードを入力するサイトで誘導するものが多いです。

下記は、BIGLOBEを狙ったフィッシングメールの例です。このようなメールが来た時は要注意です。
BIGLOBEからの連絡を装う不正なメールの例
「BIGLOBEの会員登録を継続更新するため」や「アカウントのメンテナンスを行うため」などの理由で、BIGLOBEがお客さまのログイン情報を問い合わせるメールを送信することはありません。そのような不審なメールが届いたら、安易に返信などを行わず、カスタマーサポートまでお問い合わせください。
【重要】BIGLOBEからの連絡を装う不正なメール(フィッシングメール)にご注意ください
記載されているURLは偽装されていることも多く、見かけ上は正しいURLの場合もあります。
最近では、AppleやLINE、Amazonなどのフィッシング報告が多く、フィッシングに悪用されたブランド件数は増加傾向にあり、今後も被害拡大が予想されます。
最近起こったフィッシングに関するニュース
・MyJCB をかたるフィッシング (2018/07/24)
・ソフトバンクをかたるフィッシング (2018/07/04)
・Amazon をかたるフィッシング (2018/06/29)
・MUFG カードをかたるフィッシング (2018/06/21)
・LINE をかたるフィッシング (2018/06/06)
詳しくは フィッシング対策協議会 をご覧下さい。
被害に遭わないための対策
フィッシング詐欺に遭わないためには、以下のような対策が有効です。 BIGLOBEのサービスも活用してインターネットを安全に利用しましょう。
1.怪しいメールに注意。最大の予防は受け取らないこと!
急なアカウント確認の通知など、「これはちょっとおかしいぞ?」と思うようなメールを受け取った際には、焦ってリンクを開いたりせずに、注意深く内容を確認しましょう。 最大の予防は受け取らないこと。迷惑メール対策サービスを活用しましょう。
BIGLOBEメールでは迷惑メールやフィッシングメールを自動的にブロックできる、「迷惑メールフォルダオプション」を提供しています。サーバ側で迷惑メールやフィッシングメールを発見して自動ブロックするので、怪しいメールを受け取ることがなくなります。
迷惑メールフォルダオプション
「迷惑メールフォルダオプション」を詳しく見る
2. リンクはすぐクリックせずに、必ず確認!
怪しいメールのリンクは、絶対にクリックしないようにしましょう。見た目は正しいURLのように見えても、実際のリンク先がフィッシングサイト、というようなケースも有ります。メールのリンクを開かずに、正しいURLを直接ブラウザに入力する、ブックマークなどからサービスページを開くなどを心がけましょう。
3.パソコンのウイルス対策は常に万全に!
パソコンやスマートフォンには、ウイルス対策ソフトを導入しましょう。ウイルス対策ソフトにはウイルスチェックだけでなく、有害なサイトをブロックする機能など、フィッシング詐欺にも有効な様々な機能があります。また、ご利用のブラウザも常に最新版を利用するなど心がけましょう。
BIGLOBE総合ウイルス対策ソフト「セキュリティセット・プレミアム」ならパソコンもスマートフォンもこれ1つで安心です。ウイルスやスパイウェア対策はもちろん、メールのフィッシング詐欺対策も備えています。月額380円(税別)で、パソコンやスマートフォンを3台まで守ります。
「セキュリティセット・プレミアム」を詳しく見る
「迷惑メールフォルダオプション」がおすすめ
サービスの詳細はこちら