よくあるお問い合わせ

設定について
Q: どうしたら、「セキュリティセット・スタンダード」が正しく設定されているかを確認できますか?

Q: 「セキュリティセット・スタンダード」を利用しているのに、「コンピュータが危険にさらされている可能性があります。」というメッセージが表示されます。

Q: 「セキュリティセット・スタンダード」がインストールできません。

Q: パソコンを買い替えました。「セキュリティセット・スタンダード」を設定するにはどうしたらいいですか?

Q: どうしたら、「セキュリティセット・スタンダード」が正しく設定されているかを確認できますか?

A: セキュリティ診断にログインすると確認できます。
セキュリティ診断はこちら

「ホームページウイルスチェック」の設定状態は、Windowsのタスクバーの通知領域に表示されるアイコンでも確認できます。

・ホームページウイルスチェック設定有効

・ホームページウイルスチェック設定無効



Q: 「セキュリティセット・スタンダード」を利用しているのに、「コンピュータが危険にさらされている可能性があります。」というメッセージが表示されます。

A: マイクロソフトの「セキュリティセンター」が表示しているメッセージです。

「セキュリティセット・スタンダード」に含まれる「メールウイルスチェック」「ホームページウイルスチェック」は、BIGLOBEサーバ側でウイルス検出と駆除を行うサービスであるため、パソコン上ではウイルス対策サービスと認識されず、警告が表示されます。

警告を表示しない設定にすることも可能です。マイクロソフトのサイトを参照の上設定してください。

マイクロソフト社のサイトはこちら

※「メール」と「ホームページ」以外の経路からのウイルスは、検出も駆除もされませんのでご注意下さい。パソコン上でのウイルス駆除をご希望の場合は、「セキュリティセット・プレミアム」を利用してください。

Q: 「セキュリティセット・スタンダード」がインストールできません。

A: Windows Installerのバージョンが古い可能性があります
インストールには、「Windows Installer 2.0」が必要です。「Windows Installer」は、マイクロソフト社のサイトからダウンロードし、インストールして下さい。
マイクロソフト社のサイトはこちら

64ビットOSにインストールする場合
セキュリティセット・スタンダードは64ビット版のWindows VistaおよびWindows 7でもご利用いただけますが、インストールは32ビット版のInternet Explorerで行う必要があります。
64ビット版のInternet Explorerをご利用の場合は、32ビット版のInternet Explorerで再度インストールをお試しください。

Windows 7でユーザーアカウント制御のセキュリティレベルを変更した場合
Internet Explorerの起動中にユーザーアカウント制御のセキュリティレベルを変更すると、インストールを完了できない場合があります。
ユーザーアカウント制御のセキュリティレベルを変更した場合は、変更後にInternet Explorerを一度終了し、再起動してからインストールを実行してください。

上記にあてはまらない場合は、こちらよりお問い合わせ下さい

Q: パソコンを買い替えました。「セキュリティセット・スタンダード」を設定するにはどうしたらいいですか?

A: 何らかの事情で、パソコンをリカバリー(OSの再インストール等)した場合や、新しいパソコンを購入した場合は、以下の手順に沿って再設定を行って下さい。

 「セキュリティセット・スタンダード」の再設定はこちら

「セキュリティセット・スタンダード」に含まれる「セキュリティ設定ツール」は、一台のパソコンのみ利用できます。

「セキュリティ設定ツール」は、複数台のパソコンでは正常に動作しませんので、新しいパソコンでインストールと設定が完了しましたら、それまでご利用いただいていたパソコンから、「セキュリティ設定ツール」をアンインストールしてください。

 「セキュリティ設定ツール」のアンインストールはこちら